【カレーを食うvol.3】農珈屋 no-ca-ya【旭川市】|農家の本気本格カリー|東旭川本店|

カレーを食うシリーズです、長らくお待たせしました3回目です。

今回は旭川市東旭川町、田園に突如出現する、まるで倉庫なカレー屋さん
『農珈屋 no-ca-ya』さんにお邪魔してきました。

point!

米農家の作る本格派スパイスカリー!落ち着く空間で優雅なひと時を。

お店情報・アクセス

店舗外観 まるで倉庫な見た目ですがしっかり飲食店です ひさしのある場所はテイクアウト受付です
お店情報

 店舗名:農珈屋 no-ca-ya

 所在地:〒078-8207
     北海道旭川市東旭川町上兵村384

 決済¥:現金、PayPay

 定休日:なし(年末年始)

営業時間:11:00~19:00(L.O. 18:30)

 駐車場:あり(14台)

 電話☎:080-9619-6942

 その他:電話予約、テイクアウト可能

 サイト:https://den-en.biz/nocaya/#teikuauto
instagram:https://www.instagram.com/nocaya_curry/

お店の様子

入口 

正面より左手に回ると赤い扉があります、少し入りづらい雰囲気があります。勇気をもって開けましょう。

玄関ホール

入口入ると玄関があり、靴を脱いでおお店に上がります。
雰囲気は飲食店には見えませんね。

あさっぴーがお出迎え

シューズロッカーの上には旭川のゆるキャラ「あさっぴー」が来店を歓迎してくれます。
デカいのもおチビちゃんも可愛いですね、ちなみに袖のヒラヒラはラーメンです。縮れまでは再現できていない様です。

いざ、店内に突入。

木の風合いが落ち着く店内

外観からは想像できぬオシャレな店内。
玄関からも雰囲気はありましたが、ついここで「うぉ~洒落ぇ」と心の声が出ます。出るはずです。

店内は倉庫が元になっているだけあって天井が高く開放的。
窓から外は田園風景が広がっており、なんだか不思議な気分になります。
テラス席もありますが、当日は雨だったので遠慮しました。

座席はカウンター席、四角テーブル席、丸テーブル席、テラス席などなど。
大きめの丸テーブル席にはパーテーションが設けられていますね。

うけがわファームの物産が並んでいます

レジ横には経営元の「うけがわファーム」で作られたお米、また特製ブレンドオガーニックコーヒー、スパイスなどの商品が並びます。

うけがわファームは大正13年から続く米農家であり、近年は高砂酒造(旭川の蔵元)とコラボし旭川の素材だけで日本一うまい酒を作るプロジェクトも行っているようです。こちらは楽天で購入できるようです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【日本酒】農家の酒 純米吟醸 1800ml
価格:3300円(税込、送料別) (2022/6/30時点)

詳しくはコチラ

料理

待ってました、カリーの登場です。

あいもりカリー(1,300円)

1プレートで堂々たる面構え。カリー、野菜、旭川のお米がぎっちり詰まっています。

Maxは3種盛りですが、同時に美味い味を堪能しすぎると頭が混乱するので、2種盛りにとどめてみました。ラタトゥイユ風カリー(6月限定)+ホットエビカリーのあい盛りです。

美味しいに決まっています。

カリーはやや甘みがありパプリカが良いアクセントとなりお米にもばっちり合うラタトゥイユ風。ココナッツベースでマイルドな口当たりからピリリと刺激してくるホットエビ。

副菜の福神漬けともう一つ添えられた漬物?がこれまた美味で、カリーの表情がまた変わります。料理長の気まぐれで副菜の内容が変わるとか、外れは無いでしょう。

写真では奥に見えるお野菜も地元のモノを使用しているようで、アスパラガスはご近所農家の荒川ファーム産だそう。甘くてジューシー、ドレッシングいらずです。

自家製ラッシー(400円)

カレーと言ったらラッシーですよね。ごくごくいってるとスグに無くなってしまいました。

今回は頂けませんでしたが、デザートもすごいです。
1日5食限定のこのパフェ、これを注文するならカリーはあきらめたほうが良いでしょう、すごいボリュームですもん。
イチゴパフェは7月上旬までの提供のようです。まだ間に合うのでダッシュで向かいましょう。

またカリーも1か月ごとに2種の期間限定メニューが更新されます。
期間限定ってずるいですよね、つい注文してしまいますし、次の限定が楽しみにもなり、おいしかったらまた食べに行かねばとなりますし、思うツボなのでしょうが受け入れざるを得ません。

いつかの再来店を心に決め、腹いっぱい満足したわけです。

そのほか

レビューは以上ですが、他気になったことをチェック。

テイクアウトもあります

お店の正面に小窓があり、そちらでテイクアウトの注文ができます。

カレーはもちろん、コーヒー、アイスクリームなどなど。アイスクリームはコーンまでうまいです。

事前に電話で注文しておけば待つことなく受け取れます。(予約はコチラ→080-9619-6942)

トイレきれい

洋式のトイレが1つ。レジの奥にあります。洋式ウォシュレット付きで快適。
手洗い場は個室トイレの手前にあります、タオルペーパー完備。

旭川空港店

旭川空港のフードコート内にも店舗があります。
飛行機に乗る前でも乗って帰ってきたときでも、いつでも歓迎してくれます。

こちらの店舗はカリーのほかにもお土産がたくさんあります。ついつい長居してしまうやつです。

ちなみに、開店したのはこちらの店舗が先だそうです。後に本店ができるのも珍しい気がします。

TEL           :   0166-73-3173
営業時間    :   11:00-20:00(空港に準ずる)
定休日       :  なし

以上、カレーを食うVol.3 農珈屋さんのご紹介でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。